各種塗装,フロントガラスリペアサービス|茨城 カスタムペイントマーズ

フロントガラス対応

  • HOME »
  • フロントガラス対応

フロントガラス交換

飛び石などでフロントガラスに大きなヒビが入ってしまった場合、ガラス修理・リペアで直せる場合もありますが、補修ができずに、ガラス交換を余儀なくされる事があります
当店ではお客様の安全と視界確保の為、状況を見て判断しガラス交換をお勧めします。

フロントガラスの種類

■ 純正ガラス
それぞれ自動車メーカーのロゴマークが入っている純正品です。
■ 社外ガラス
JIS規格に適合した社外のガラス。メーカーロゴが入っていません。
■ 海外ガラス
海外生産のフロントガラスです。国内安全規格をクリアした海外ガラスを使用しております。
■ 断熱ガラス
UV(紫外線)99%カット、IR(赤外線)80%以上カットの独特の熱反射ガラスです。断熱効果があります。

純正品と社外品の違い

純正品、社外品の違いは、純正部品として製造されたのか、同じサイズの互換品なのかの違いです。同じメーカーの製品であれば、ガラスそのものの機能には、純正も社外品も自動車メーカーのロゴ(認証マーク)の有無以外に違いはありません。
また、予算的な余裕があれば、紫外線・赤外線もカットする高機能断熱ガラスがオススメです。

ガラスコーティング

車のフロントガラス、窓ガラスの汚れは、雨の汚れ酸性雨など大気中の汚れによるものです。それがガラスに付着し、汚れの膜を形成します。
ガラス面に静電気が発生することもあり、それが起きることによっても付着しやすくなります。次第に汚れが増していき、ガラス面に固着することによってガラスの透過率がどんどん減少し、視界が悪くなっていきます。
コーティングが効いていないとイオンデポジットやウロコが付着しやすくそのまま放置しておくとクリーニング作業では取れないほどの汚れになってしまうこともあります。

マーズのコーティングは磨きにこだわる!
そして最高のコーティングをめざす!

「磨き」は、ガラスコーティングを施すうえで、塗膜にコーティング剤を定着させるための重要な工程です。施工する車両の塗膜はひとつも同じものがなく、平滑にしていく作業も全く同じ状況はありません。
そしてコーティングに関してはコーティング剤の性能を発揮させ、効果を持続させるには、皮膜の「定着率」が重要となります。
マーズでは車の状況をよく見て1台1台丁寧に塗装面を磨き上げていきます。

簡単に汚れが落とせて手間いらず!

窓ガラスコーティングを施工後は水洗いだけで簡単に汚れが落とせるようになり油膜が付着しづらくなります。窓ガラスコーティングの効果はフロントガラスで1年前後となり、サイドガラスで2年~4年間効果が持続しますので手間いらずです。

カーフィルム/スモーク張り

車のスモーク張りはお任せください!

マーズはカーフィルムに力を入れております。カーフィルムとはUVスモークフィルム、断熱スモークフィルム、プロテクションフィルムなどです。

当店のこだわりとして施工時は1台1台丁寧に作業を施し、ホコリの浮遊が少なく高いクォリティを実現します。カーフィルム職人が最大限に経験を還元して作業を施します。

カスタムペイントマーズ

〒300-3525
茨城県結城郡八千代町
沼森1142
TEL:0296-49-6304
FAX 0296-49-6305
Mobile:090-7708-1116

PAGETOP
PAGETOPfooterOutline